• サイトマップ
  • サイトポリシー
  • 個人情報保護ポリシー

インフォメーション

2013/03/27
大規模太陽光発電(メガソーラー)設備工事に着手 ― 最終設備規模・仕様を決定

 東武鉄道(本社:東京都墨田区)と、100%子会社の東武エネルギーマネジメント(本社:
東京都墨田区)では、栃木県佐野市の東武佐野線葛生駅南側土地において大規模太陽光発電(メ
ガソーラー)事業を行うべく諸準備を進めておりましたが、本日3月27日、設備工事に着手
しました。

 工事着手に当たり、最終設備規模・仕様を決定、発電電力量を年間約128万kwh(一般
家庭約350世帯分)、CO2削減量は年間約402万トン(約3万6千本のブナの木を植林し
たのと同程度の効果)と見込んでおります。また、太陽光システムメーカーは、工事の発注先
である㈱千代田組経由で㈱東芝に決定しました。

続きはこちら→この記事のPDFデータを見る